Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームレビュー>レビューに関して

レビューに関する諸注意

基本的な注意

このレビューはあくまで管理人の主観に基くものであり、お読みになった方との見解の相違に関しては、当方は一切関知いたしません。また、このレビューをアテにしてCDを購入されて失望したとしても、一切当方では責任を負えませんので、あしからず。

レビューのスタンス

なるべく「ファン目線」ではなく、「消費者目線」で書くことを心がけています。それはつまり、そのアーティストに特に個人的な思い入れや知識がない人がこれから聴くにあたって、払うお金と聴く時間に見合うだけの満足が得られるだろうか? という疑問を常に持った上で、良いと思う所、好きな所だけに着目して書くのではなく、悪いと思う所、嫌いな所にも言及する、ということです。

そういうスタンスには愛がない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、盲目的なメタル愛に基づく甘口な絶賛レビューは、長期的に見て「現在HR/HMファンではないが、これからファンになる可能性がある人」の芽を摘むことになるのではないか、という危惧があるので、避けるべきだと考えています。

上記のスタンスにより、私の書いた文章・採点について不快感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。それについてはあらかじめお詫び申し上げます。あくまで一個人の感想・意見に過ぎないということ、そして私がネガティヴな書き方をする場合でも、それはHR/HMというジャンルに対する期待感と愛があるからこそ敢えて苦言を呈しているのだ、ということをご理解いただけると幸いです。

レビューするアーティストの選定について

このレビューで取り上げるのは基本的にHR/HM系の音楽のみです。私はHR/HM系以外の音楽も聴いていますし、その中に好きなものも多数存在します。ただ、HR/HM以外の音楽に関しては、HR/HMほどに知識・造詣が深くなく、また評価のポイントがHR/HMに対するものとは異なるため、コンテンツの統一感を損なうと考えられるので、レビューの対象とはいたしません。

さらに、現在HR/HM系の音楽も細分化され、様々なスタイルのサブジャンル、アーティストが存在し、とてもその全てを一人の人間が追うことは困難です。私はあまり好みではないスタイルのバンドでも、HR/HM史上における重要バンドであれば代表作くらいは聴いてみよう、という努力もしていますが、その程度の上っ面をなぞるような関わりしか持っていないアーティストについて点数をつけて「レビュー」することは失礼だと思います。

そのため、このサイトのレビューで取り上げられているアーティストは、基本的に管理人の好きなタイプの音楽性を持っていて(あるいは少なくとも持っていた時期があって)、さらに言うなら他の人にも紹介し、応援したいと思えるようなアーティストに偏っているということをあらかじめご了承ください。

このサイトのレビューで扱っていないからと言って、そのアーティストを管理人が聴いていないとは限りませんし、ましてやそのアーティストを軽視している、HR/HMと認めていない、などということは決してありません。

逆に、大好きだがあまりにも歴史的な名盤で、今さら私ごときがレビューするのもおこがましい、あるいは有名過ぎて既に語り尽くされているといった理由で取り上げていないアーティスト/アルバムも存在します。そして単純に、時間の都合でレビューできていないというだけの場合も多いので、「なんであのアーティスト/アルバムを取り上げないのか」という苦情・非難はご容赦ください。

点数制について

このレビューでは100点満点による点数制を採っています。本来音楽を数字によって評価することはナンセンスであり、不遜な試みであることは重々承知しています。この評価法は日本のHR/HMファンに最も認知されているHR/HM専門メディアであるBURRN!のスタイルにならったもので、100点満点で採点される、ということを義務教育の過程を通じて必ず経験する日本人にとってわかりやすいと思うので採用しました。

点数評価に関しては、「楽曲のクオリティ」「演奏力」「サウンドプロダクション(音質)」「アートワークまで含めたパッケージ商品としての完成度」「個人的な嗜好・思い入れ」など、様々な要素から多面的・総合的に採点しています。ただし、そうは言っても一番のポイントはやはり「個人的な嗜好・思い入れ」なので、数字ばかりをアテにはしないでください。




点数の目安について

100〜95
棺桶に入れてあの世まで持っていきたい。
94〜90
人生のサウンドトラック認定の名作と呼んでいいだろう。
85〜89
幅広く支持されるだろう名盤、もしくは個人的にお気に入りのアルバム。
80〜84
優れた作品であることは間違いない。プロならこのレベルは望みたい。
75〜79
新人バンドなら上々。ベテランならもう少し頑張って欲しい。
70〜74
悪くはないが、良くもない。
60〜69
イマイチ。部分的に良いところはあるけど…。
50〜59
つまらない。2度聴く気にはなれない
50点以下
こりゃヒドい。時間を返せ。

<Review Index へ戻る
▲このページのトップへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.