Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームコラム>年間ベスト2014


The Best 10 Albums of 2014

No.1



BABYMETAL / BABYMETAL

近年最も国内的にも国際的にも話題になった日本のメタル・アクトであることは間違いなく、好き嫌いはともかくとして最もインパクトのある存在であったことは間違いない。数年越しで聴いてきた楽曲が多数収録されているという意味で、個人的にも思い出深い一枚である。


No.2



WITHIN TEMPTATION / HYDRA

意外なゲストも見事に活用するソングライティングの妙とポピュラリティの高さは、もはや他の追随を許さない域にある。

 

No.3



陰陽座 / 風神界逅

2枚同時リリースでこれだけ充実した楽曲を揃えてくるとは、もはや脱帽あるのみ。

 

No.4



陰陽座 / 雷神創世

これまで以上にスケール感を高めた楽曲の数々がマンネリ感を吹き飛ばす、充実の連作。

 

No.5



PRIMAL FEAR / DELIVERING THE BLACK

今年一番「これぞヘヴィ・メタル!」と感じさせられた、痛快なまでの正統派メタル・アルバム。一分の隙もなし


No.6



DRAGONFORCE / MAXIMUM OVERLOAD

進化を続けるエクストリーム・メロディック・パワー・メタルがネクスト・レベルに到達したことを告げる力作。

 

No.7



ARCH ENEMY / WAR ETERNAL


今年最も衝撃的なメンバー・チェンジがあったが、泣きもアグレッションも、損なわれたものは何もない。

 

No.8



UNISONIC / LIGHT OF DAWN

メロディック・パワー・メタル色が増幅され、マイケル・キスクの歌唱がさらに輝いているのが嬉しい一枚。

 

No.9



H.E.A.T / TEARING DOWN THE WALLS

バラエティとクオリティを兼ね備えたソングライティングが生み出すダイナミズムは既にメロハーの枠を超え、今一番メジャー感に満ちたハード・ロック・バンドといえよう。

 

No.10



SABATON / HEROES

欧州で大人気のミリタリー・メタル・バンド。大幅なメンバー・チェンジを経て発表された本作の充実した楽曲はキャッチーさも充分で、日本での人気向上も期待したい。

 


The Best 10 Tunes of 2014

No.1 Your Time Has Come / UNISONIC
  キーパー・マジックが脳裏に去来する、メロディック・パワー・メタルの秀曲。やはりこういう曲におけるマイケルの歌唱は絶品。

No.2 故に其の疾きこと風の如く/ 陰陽座
  このスケール感、私がヘヴィ・メタルという音楽に求めている浪漫がここにある。

No.3 而して動くこと雷霆の如し / 陰陽座
  「故に其の疾きこと風の如く」を受ける、こちらもスケール感と浪漫に満ちた名曲。

No.4 Dangerous / WITHIN TEMPTATION
  元KILLSWITCH ENGAGEのハワード・ジョーンズをゲストに迎えたバンド史上屈指のヘヴィな曲だが、リフだけで泣けるキャッチーさも充分。

No.5 Land Of The Rising Sun / RIOT
 

日本への想いを歌うこの曲、LOUD PARKで聴いてちょっとウルっときてしまいました。


No.6 Paradise / WITHIN TEMPTATION
 

シャロンとターヤの豪華デュエットによる珠玉のポップ・メタル・チューン。シングルとしてのリリースは昨年ですが、ここで選出。


No.7 Defender Of The Crown / EDGUY
 

こういう力強いアンセム的なコーラスもまたメタルならではの魅力ですね。


No.8 All Rise / WOVENWAR
  母体となったAS I LAY DYINGでも光っていた、フックに富んだメロディ作りのセンスが遺憾なく発揮された佳曲。

No.9 Hector's Hymn / HAMMERFALL
  常に楽曲の良さで勝負してきたHAMMERFALLの復活を印象付ける、新たなる代表曲。

No.10 Nuclear Boomerang / PRETTY MAIDS
 

ベテランの凄みを見せつける、フック満載のメタル・チューン。PRETTY MAIDS未だ健在なり。


 


2014年を振り返って


アルバムの1位は他に決定打に欠けたのでこれを選びました。必ずしも一番愛聴してわけではなく、まして本作が他のアルバムと比べてメタル作品として優れているとも思いません。ただ、このサイトを運営するようになって以降で、私の身の周りのメタルを聴かない人たちからメタルに関する話題が聞かれたのはこのBABYMETALが初めてでした。そういう意味で「より多くの人にメタルに親しんでもらうこと」を旨とする当サイトの理念に最も貢献した本作をベスト・アルバムに選出するのはある意味当然かもしれません。

メタル・サイトを運営していてBABYMETALを1位に選出するというのは、一部の顰蹙を買うこと必至の「勇気ある所業」のつもりでおりましたが(ANGRAの新作がよほど素晴らしい出来でない限り、これを1位にしようと11月くらいの時点で思っていました)、先に海外のメタル・サイト(METALSUCKS)の読者投票で1位に選ばれてしまい、出し抜かれてしまった気持ちでいっぱいです(笑)。

他にもACCEPTやANTHEM、DYNAZTY、ANCIENT BARDS、OVERKILLあたりのアルバムは10選に入れてもおかしくないくらいの力作でしたし、ELUVEITIEやEQUILIBRIUMのようなフォーク・メタル・バンドのアルバムも充実していました。エクストリーム系でいうと、BEHEMOTHの「THE SATANIST」が頭一つ抜けていたんじゃないでしょうか。

一方海外の専門サイトで近年評価の高いポスト・メタル系やスラッジ/ドゥーム系のバンドについては結局ついていけませんでした。残念ながら私の感性の限界でしょう。

エポック・メイキングなアルバムや、シーンを変革するような画期的なニュー・アクトこそ登場しないものの、リリースされる作品の質はおしなべて高い、というのはここ数年の傾向で、本年もその流れを踏襲した一年でした。良作がコンスタントに供給されているという意味では、私のような一般リスナーにとって悪い状況ではないのですが、なんとなくシーンが停滞しているように感じられるのは気にかかる所です。

ニュースも、印象的だったのはMOTLEY CRUEの引退ツアー発表、ARCH ENEMYのフロントマン交代と、AC/DCからマルコム・ヤングが脱退した件くらいのもので、メタル・サイト/ブログの運営者としてはあまり張り合いのない平穏な年でした。まあ、解散や訃報などのバッド・ニュースが相次ぐのも困るんですけどね。

今年印象的だったのはLOUD PARKですね。二年連続となるトリのキャンセル、そして個人的な目玉だったSYMPHONY Xのキャンセルと、当初はどうなることかと思いましたが、蓋を開けてみるとさほど期待していなかったバンドも含めて充実したパフォーマンスをたくさん観ることができ、過去最高級の満足感を得ることができました。

LOUD PARKの埋め合わせとなったMANOWARの来日公演を体験できたことも感慨深かったですね。今年観たライブにハズレはありませんでしたが、ACCEPTとY&Tはその中でも白眉でした。

サイト10周年となった今年で、この場で年間ベストを発表するのは最後となります。一個人のセレクト(しかも年間100枚も聴いていない一般人の)にもかかわらず、これを楽しみにしている、とおっしゃってくれる人も多かったように記憶しています。実際には自分の「思い出データベース」としてのニュアンスが強いコンテンツなのですが、お読みいただいた皆さんにはあらためて厚く御礼申し上げます。


<Column Indexへ
▲このページのトップへ
Homeへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.