Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームコラム>年間ベスト2003


The Best 10 Albums of 2003

No.1



KAMELOT / EPICA

このバンドはどこまで進化し続けるのか…。圧倒的な完成度を誇る壮大な音楽叙事詩

 


No.2



GALNELYUS / THE FLAG OF PANISHMENT

聴いた回数では1位かも。陰陽座と共に、ジャパメタの将来を担うべき大器


No.3



CHILDREN OF BODOM / HATE CREW DEATHROLL

クサさは減ったが、カッコよさは増した。今一番輝いているメタル・バンドのひとつ

 

No.4



SONATA ARCTICA / WINTERHEART'S GUILD

とめどなく溢れ出す哀愁が胸に染みる、彼らにしか作りえない限りなく透明に近いメロディック・スピード・メタル。

 

No.5



LOST HORIZON / A FLAME TO THE GROUND BENEATH

メンバーの人数とスケール感、共に5割増(ただし疾走感3割減なので疾走厨は要注意)

 

No.6



STRATOVARIUS / ELEMENTS PART1

もはやメロディック・スピード・メタルなどという言葉では括れない、変幻自在のソングライティングが光る作品

 

No.7



TWILIGHTNING / DELIRIUM VEIL

この手のバンドでここまで「本物」を感じさせるバンドはそうはない。しかも若くてルックスもいい。メタル界の未来を担う大器の予感

 

No.8



DRAGONFORCE / VALLEY OF THE DAMNED

ヴォーカルが微妙だの、サウンドが軽くてメロコアみたいだの、なんだかんだ言っても、この激烈な疾走感はやはりクセになりますね

 

No.9



MASTERPLAN / MASTERPLAN

ローランド・グラポウのソングライティングの才が光る、オーセンティックな欧州型メロディック・メタル。ヨルン・ランデにはここで実力に見合った成功を勝ち取ってほしいですね。

 

No.10



陰陽座 / 鳳翼麟瞳

さらにストレートさを増し、正統派HMに近づいた印象。そろそろJ-POPフィールドでの成功も期待したい

 


The Best 10 Tunes of 2003

No.1 Cry Of A Restless Soul / LOST HORIZON
  限りないヒロイズムを感じさせる熱い名曲。これで燃えない男は漢じゃない!

No.2 Center Of Universe / KAMELOT
  曲名通り、壮大なスケール感を感じさせる、エピック・パワー・メタルの名曲

No.3 Rejection Roll / SOILWORK
  クール! NU METALからの影響を最良の形で取り入れた佳曲

No.4 From Hell / DARK MOOR
  一部の隙もない完璧なるお約束チューン。わかっていてもこのサビには胸を躍らせてしまう

No.5 Victoria's Secret / SONATA ARCTICA
  Aメロのバックで流れるkeyのメロディがミソ。聴くたびに切なさが止まらない

No.6 The Cage / SONATA ARCTICA
  このサビ、もう胸がキュンキュンしますね。「ソナタ節」の完成形といえるでしょう。

No.7 The Uncrowned / LAST TRIBE
  荘厳なイントロ、ライヴでの掛け合いが目に浮かぶブリッジ、そして劇的なサビ。文句なしに完成度の高いHMチューン。

No.8 True Believer/ DOMINE
  ギター・ソロ前のパートがカッコいいんだ、これが。熱きヒロイズムが疾走する名曲。

No.9 It's Not Over / CONCERT MOON
  スケール感のある劇的なKeyリフにヤられた。彼らの楽曲で3本の指に入る秀曲。

No.10 Enslaved To The Mind / TWILIGHTNING
  この曲展開の妙はとても新人バンドの手によるものとは思えませんね。やはり音楽ってキャリアよりセンスなのか

 


2003年を振り返って


基本的な印象は、昨年と変わらない。1997年ごろより始まったメロディック・パワー・メタルを中心とした欧州メタル・シーンの活況を受け、リリースされた作品の全体的なクオリティは高かったものの、個人的にはなんとなく決め手にかける印象の年だった。

欧州におけるメロディック・パワー・メタルは、もはや一時のブームではなく、確固たるシーンを形成した観がある。しかしそうした安定期に入るとどうしても出てくるマンネリ感的な話も含め、そろそろ転機が近いのかな、という感じもある。そのひとつの予兆として、かつて典型的なメロディック・スピード・メタルをプレイしていたバンドたちの方向転換が顕著になった印象もある。

メロディック・パワー・メタルという、ひとつの魅力的な「型」を捨ててなおリスナーの心をつかむ音楽を創造できるかどうか、というのは個々のバンドのポテンシャル次第であるが、現在の所、画期的なサウンドを呈示した、と思えるバンドは現れず、それが今年決め手に欠ける印象につながるひとつの要因となってしまった。

むしろIN FLAMESやSOILWORK、CHILDREN OF BODOMといった、いわゆる「メロディック・デス」と呼ばれる出自を持ったジャンルのアーティストの作品こそ、革新性とクオリティを兼ね備えた、普遍的な「カッコよさ」を呈示するものだった。これらのアーティストの作品が、アンダーグラウンドレベルとはいえアメリカでも評価されるようになったのは、ある意味順当である。個人的には、ストライクゾーンそのものではなかったが…。

個人的に期待したいのは基本的にはメロディック・パワー・メタルのフォーマットを踏襲しながらも、絶妙なセンスによって新鮮な響きを生み出したフィンランドの若きニューカマー、TWILIGHTNINGと、やはり伝統的なHR/HMのフォーマットに沿いながらも、いわゆる「ジャパメタ」の典型的なイメージとは一線を画した存在感を放つ、若きギター・ヒーローSyuを擁するGALNELYUSの2バンドである。

新鮮な存在感、ロック・バンドが成功するのに絶対に必要な要素だが、基本的に保守的なHR/HMファンに受け容れられる「新鮮さ」を体現するのは容易なことではない。その難業をごく自然に、軽々と実現した2バンドにはぜひこれからのメタル・シーンを担う大物バンドに成長してもらいたい。


<Columne トップへ
▲このページのトップへ
Homeへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.