Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームアーカイヴス音楽ジャンル事典目次>サザン・ソウル

サザン・ソウル (Southern Soul)

【黒人音楽】 アメリカ南部出身のシンガーたちによるR&B/ソウル・ミュージックの一傾向。モータウンをはじめとする同時代の他のR&B/ソウル・ミュージックに比べ、ブルースやゴスペルなど、より黒人の精神的ルーツに近い音楽の影響が色濃いのが特徴。黒人的な要素が強いことを「ディープ」と形容することから、「ディープ・ソウル」とも呼ばれる。また、中心地となった都市がメンフィスだったため、「メンフィス・ソウル」と呼ぶこともある。60年台、アトランティック傘下のレーベル「スタックス」から優れた作品が数多くリリースされ、ウィルソン・ピケットの「ダンス天国」、パーシー・スレッジの「男が女を愛するとき」、アル・グリーンの「レッツ・ステイ・トゥゲザー」など数々のソウル・クラシックを生み出したが、70年代以降下火に。あまりに黒人的な要素が強すぎたのと、印象的なダンス・ビートを生むことができなかったため、R&Bシーンの主流になることはできなかったが、黒人音楽のマニアの中では非常に評価の高いジャンルである。

 

■このジャンルの代表作

オーティス・レディング / オーティス・ブルー

 

アレサ・フランクリン / 貴方だけを愛して

 

 

<音楽ジャンル事典目次へ
▲このページのトップへ
Homeへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.