Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームアーカイヴス音楽ジャンル事典目次>サルサ

サルサ (Salsa)

【その他音楽全般】 60年代後半、ニューヨークで生まれた新しいラテン音楽の形態。もともと第2次大戦後のニューヨークは、イーストハーレムを中心にプエルトリコ移民の多い地域で、40年代からマンボをはじめとするキューバ音楽が盛んであったが、59年のキューバ革命以後、キューバとの接点が消失したことによって、キューバからの音楽情報が途絶えた。そのため、ニューヨークではジャズやソウルなどアメリカの音楽の影響を受け、キューバ音楽が独自の発展を遂げていった。その流れの中からウィリー・コローンをはじめとする新しい感覚を持った優れた才能が出現し、その動きを新興のラテン音楽レーベル「ファニア」がスペイン語で「ソース」を意味する「サルサ」という名前のもとにプロモーションすることによってジャンルとして新たなマーケットを創出、その後逆輸入のような形でラテン・アメリカ諸国へと広まっていった。

 

■このジャンルの代表作

ウィリー・コローン / エル・マロ

 

オルケスタ・デ・ラ・ルス / デ・ラ・ルス

 

 

<音楽ジャンル事典目次へ
▲このページのトップへ
Homeへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.