Home | Information | Review | Archives | Column | Links | BLOG

ホームアーカイヴス音楽ジャンル事典目次>ジャーマン・プログレ

ジャーマン・プログレ (German Progressive)

【ロック】 ユーロ・プログレの中でも、「ジャーマン・プログレ」といえば、泣く子も黙るマニアの極北というイメージがある。というのも、他のヨーロッパ諸国のプログレの多くが、難解さ、複雑さの中にもヨーロッパならではの叙情性を感じさせる部分があるのに対し、ドイツのプログレの多くはひたすら前衛的・実験的であることが多いからだ。徹底した国民性のゆえか、現代音楽の教育を受けたミュージシャンが多いためか、そのリスナーやコマーシャリズムに対する媚びを一切感じさせないサウンド・アプローチは歴史的にも国際的にもまさに孤高である。

テクノの元祖として名高いクラフトワークやタンジェリン・ドリームも元々ジャーマン・プログレに括られる存在であり、彼ら以外にもテクノに影響を与えた存在は多く、90年代クラブ・ミュージックの方面から再評価された。

 

■このジャンルの代表作

タンジェリン・ドリーム / エレクトロニック・メディテイション

 

クラスター / クラスターU

 

クラフトワーク / アウトバーン

 

ノイ!/ ノイ!

 

マニュエル・ゲッチング / E2-E4

 

 

<音楽ジャンル事典目次へ
▲このページのトップへ
Homeへ


Copyright (C) 2004-2011 METALGATE JAPAN All Rights Reserved.